競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 有馬記念


 今年の競馬を締めくくる、総決算の有馬記念。ここにはディープスカイの名前もウオッカの名前もないのだが、ジャパンカップをスキップし、満を持して出走の(13)ダイワスカーレット。どうやら昭和46年のトウメイ以来、37年ぶりの牝馬による有馬記念制覇の期待が高まっているようだ。
  予想ソフトの評価もそれをあと押しする。『カツラギ』と『C−Lex』は予想勝率32%で(13)ダイワスカーレットを磐石の本命とし、2番手(10)マツリダゴッホは大きく離れた16%。その後に続くのは15%の(9)メイショウサムソンと10%(1)カワカミプリンセス。
  どうやら昨年有馬記念のマツリダゴッホはオーバーパフォーマンス、つまり出来すぎの大駆けだったと評すソフトが多いようだが、それでもしぶとく総合2番手はキープ。『カツラギ』評価の低い(8)スクリーンヒーローも『ダビジェネ』の本命であり、この辺りはどうやら人気順通りの上位4頭ということになりそうだ。
  穴系ソフトのイチ押しは前年菊花賞馬の(12)アサクサキングスで、これとて今春(13)ダイワと僅差の競馬。有馬記念は(13)から(10)(9)(1)(12)(14)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.