競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 愛知杯


 中京メーンの愛知杯は、牝馬限定のハンデ重賞ということで、レースの質としては難解極まりない。構図としてはレベルが高いと評判の4歳勢に、3歳勢が立ち向かう形だろうか。
  しかし、予想ソフトの4歳勢評価は高くない。『カツラギ』は予想勝率21%と16%で(17)マイネレーツェルと(8)レッドアゲートの3歳馬2頭を上位とし、4歳馬最高位の(1)ニシノマナムスメは12%で3番手止まり。
  『ダビジェネ』は5歳馬、長距離で牡馬を相手に快走を見せる(5)テイエムプリキュアを本命とし、『C−Lex』に至っては最高齢6歳の(6)トウカイルナを筆頭推奨。
  ローズSを人気薄で快勝した(17)マイネレーツェルだが、それも含めて重賞2勝、エリザベス女王杯でも4着に健闘している。元々人気にはなりづらいタイプで、実績的には最上位と言っても差し支えない。愛知杯は4歳馬無視、(17)から(6)(5)(8)(12)(3)への結論となる。
  中山メーンのディセンバーSは、予想勝率23%の(6)トウショウシロッコと同22%(5)ドリームガードナーが壮絶な一騎打ち。こちらは(6)から(5)(11)(10)(1)(3)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.