競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯


 中京メーンの中日新聞杯はG3のハンデ戦。ここは1000万下からオープンまでの3連勝、いずれも優秀なラップパターンを刻んだ(11)オペラブラーボに衆目が集まるところだろう。予想ソフトも『ダビジェネ』『C−Lex』を含め、約8割がこの馬を問題なく最上位に評価してきた。
  しかしその風潮に真っ向から立ち向かったのが『カツラギ』。同ソフトの本命推奨馬は(8)ヤマニンキングリーであり、その予想勝率は驚異の44%。まるでG1ホース並みの高評価である。
  実は今年の3歳牡馬は、先週まで古馬との対戦、芝の重賞では48戦0勝という成績。夏の札幌記念ではマイネルチャールズが敗れ、先々週はディープスカイ、先週もフローテーションが人気で敗れてしまった。3歳(8)ヤマニンキングリーはその逆風を打破できるのだろうか。
  しかしながら『カツラギ』以外のソフトは(8)ヤマニンの名を挙げず、票数集計では(11)オペラブラーボの圧勝。総合評価では(3)ダブルティンパニーにも劣る3番手となってしまい、中日新聞杯は(11)から(3)(1)(2)(6)(10)へ。3歳牡馬勢の厳しい戦いは続くと思われる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.