競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ


 東京メーン10Rのジャパンカップには豪華メンバーが集結。特にその中でも、ここを勝てば現役最強と認められる可能性のある馬は(4)ウオッカ、(9)ディープスカイに(13)マツリダゴッホの3頭だろうか。その候補が1つのレースに複数頭いるというだけでも相当な価値があるだろう。
  人気は天皇賞で横に並んで叩き合った2頭、(4)ウオッカと(9)ディープスカイが分け合うことになりそうだ。しかし予想ソフトの評価は(9)ディープスカイを寄せ付けず、(4)ウオッカと(13)マツリダゴッホの二強態勢。
  『カツラギ』と『C−Lex』が予想勝率24%で(4)ウオッカを筆頭に挙げれば、『ダビジェネ』は14%(13)マツリダゴッホを推奨。(9)ディープは7%で3〜5番手グループに属することになる。ただし同馬のソフト評価は以前から高くはなく、4連勝中も前走も勝率は10%前後と考えられていた。
  外国馬の評価は総じて高くはなく、1頭挙げるなら8%の(6)パープルムーン。穴系ソフトは新潟で上がり3ハロン31秒9を叩き出した(10)オースミグラスワンに激走の可能性を見出し、ジャパンカップは(4)から(13)(10)(6)(18)(3)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.