競馬マスターズ
2018年11月18日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - アルゼンチン共和国杯


 東京メーンのアルゼンチン共和国杯は、菊花賞2着で名を揚げた(10)アルナスラインが引き続き人気を集めることになりそうだ。しかしながら重賞未勝利の身でトップハンデの58kg、6月の同コース目黒記念では同斤量で2着だったが、今回はどうだろうか。
  (10)アルナスラインに対する予想ソフトの評価は、決して高いものではない。『カツラギ』が示す予想勝率は13%で、総合3番手。18%(2)トウショウシロッコや15%(15)トウカイにも遅れをとる形となっている。
  (2)トウショウシロッコの本命には『ダビジェネ』と『C−Lex』も賛同し、これは不動の本命。(10)アルナスと同じアドマイヤベガ産駒の重賞未勝利馬だが、軸としてはこちらが適任だろう。アルゼンチン共和国杯は、(2)から(8)(15)(7)(3)(6)へ。
  京都メーンのファンタジーSは、『カツラギ』本命予想勝率19%の(1)ワンカラットを、(6)ナムラミーティアが僅差で逆転。そしてその直後には穴系ソフトも注目の(3)イナズマアマリリスが続いており、(4)ワイドサファイアは総合4番手まで。こちらは(6)から(1)(3)(8)(14)へ流し、馬連(1)(3)を押さえた5点で勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.