競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(秋)


 最強牝馬の再対決と、ダービー馬の参戦に燃える秋の天皇賞。今年前半までは現役最強の声も聞こえていた(7)ダイワスカーレットだが、同馬の休養中に一世代下の(2)ディープスカイが急上昇し、宿敵(14)ウオッカも鮮やかな復活。どの馬も敗れる姿が容易には想像できない、ここまで楽しみな三強対決は数年に一度のものと思う。
  しかし驚いたことに、予想ソフトはこれを三強対決とは考えていないようだ。予想勝率43%、『カツラギ』をはじめ、『ダビジェネ』『C−Lex』など、主要ソフトの意見はすべて本命(14)ウオッカで統一されていた。
  『カツラギ』は(7)ダイワスカーレットを21%の2番手に評価するも、(2)ディープスカイに関しては予想勝率2%の9番手。3番手は5%(16)カンパニーで、上位2頭とそれ以外には天と地ほどの開きがある。
  とは言え、その(7)ダイワスカーレットも他の予想ソフトにはまったく評価されず、総合順位にすると(7)ダイワスカーレットは6番手、(2)ディープスカイは9番手。三強どころか(14)ウオッカの独壇場、天皇賞は(14)から(9)(16)(5)(3)(11)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.