競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 菊花賞


 神戸新聞杯ではダービー馬に真正面から挑戦状を叩きつけ、結果は完敗だったものの、完敗を喫した2頭が離脱して再び菊花賞で衆目を集めることになった(14)オウケンブルースリ。勢い途絶えず、ここは不動の1番人気として臨む一戦となりそうだ。
  予想ソフトの評価も『C−Lex』を中心に半数近くの支持を集め、『ダビジェネ』推奨(9)マイネルチャールズ、上位評価は人気通りで安泰かとも思われた。
  しかしそれに物言いを付けたのが、(6)ロードアリエスに◎を打ってきた『カツラギ』だ。神戸新聞杯レース指数は(14)オウケンに及ばないものの、再度同程度走れば今度は(14)オウケンも(15)ベンチャーナインもこの馬を捉えることができないという考え方。
  (6)ロードアリエスに本命を付けた主要ソフトは『カツラギ』のみだが、2番手3番手に目を向けるとこの馬の名前を挙げているソフトも少なくはなく、単独の評価ではない。
  予想勝率12%の(14)オウケンブルースリと9%の(12)ヤマニンキングリーを従えての15%(6)ロードアリエス。菊花賞は(6)から(14)(9)(2)(12)(3)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.