競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 富士S


 マイルCSへの登竜門となるべく、現在の距離に変更された富士ステークス。このレースの勝ち馬は8年連続で次走マイルCSに出走しているのだが、いまだに連勝馬は現れていない。むしろこのレースで惜敗した馬が次走マイルCSで2度連対している辺り、東京と京都の適性差を感じ取れるレースとも言えるだろう。
  まず『カツラギ』は予想勝率17%で(3)エイシンドーバーを筆頭に推奨。2番手グループには(17)コンゴウリキシオー、(15)バトルバニヤンと(2)レッツゴーキリシマの3頭が11%でかたまり、(7)マルカシェンクは6%の7番手評価にとどまった。
  しかしながらこの配置に賛同するソフトはなく、『C−Lex』や『ダビジェネ』は当然のように(7)マルカシェンクを最上位に評価。『ダビジェネ』は秋華賞で8番人気2着のムードインディゴ、『C−Lex』は16番人気3着のプロヴィナージュに◎を打っていたツワモノだ。
  穴系予想ソフトは大挙出走の3歳馬に興味を示しており、(6)サトノプログレスや(13)サブジェクト辺りもこのグループに含まれる。富士ステークスは(7)から(3)(2)(1)(6)(13)へ流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.