競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - デイリー杯2歳S


 2歳重賞戦線も本格化を告げるデイリー杯2歳ステークス。前年このレースの1、2着馬であるキャプテントゥーレとタケミカヅチは、そのままの並びで皐月賞1、2着。今年もクラシック候補生と噂される馬が何頭かいるようだ。
  しかしながら、そういった期待感よりも過去実績を重視するのが予想ソフトの基本スタイル。ここはオープン勝ち馬である(10)ホッコータキオンや(3)トップオブピーコイ、そして重賞5着馬である(2)ワンカラット辺りに厚い印が集中した。
  予想ソフトが行なっているのは想像を基本とした未来予想ではなく、過去実績をもとにした勝率計算なのだ。いくら潜在能力の高さを噂されていても、実戦数値でそれを示していない馬が高く評価されることはない。そういった想像力のなさがコンピュータ予想の弱点であり、強みでもある。
  『カツラギ』は予想勝率23%で(3)トップオブピーコイを筆頭推し、それを総合で上回ったのが『ダビジェネ』本命の19%(10)ホッコータキオン。あとはそれほど大差なしという評価で、デイリー杯2歳Sは(10)から(3)(5)(12)(9)(8)への5点流しを結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.