競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エニフS


 阪神メーン10Rのエニフステークスは別定のダート短距離戦。ハンデ戦ではないのだが、日本一の的中率を誇る予想ソフト『カツラギ』は、このレースを激烈に難解な一戦と考えているようだ。
  予想勝率7%〜10%の間に、(8)ウォーターオーレ、(11)サチノスイーティー、(2)ベストオブミー、(14)タイキエニグマなど6頭が密集。そこからわずか1ポイント上、予想勝率11%で(3)オフィサーが本命に居座るも、実に難解だ。
  しかしそう考えているのは『カツラギ』だけのようで、『ダビジェネ』『C−Lex』など、他のソフトは例外なく(10)ベルモントプロテアを筆頭に推奨。逆に『カツラギ』とのギャップが不可解で気味が悪くもあるのだが、エニフSは(10)から(3)(8)(6)(12)(14)へ流してみたい。
  中山メーン11RのながつきSは、こちらも『カツラギ』本命(2)カリオンツリーをはね退けて『ダビジェネ』『C−Lex』の筆頭推奨が(4)エプソムアーロンで一致。合計票数僅差ではあるが、こちらは(4)エプソムアーロンから(2)(8)(7)(5)(14)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.