競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京成杯AH


 秋の訪れを告げる、中山メーン11Rの京成杯オータムハンデ。ここは『カツラギ』本命予想勝率16%の(16)キストゥヘヴンに注目か。『ダビジェネ』は(1)ヤマニンエマイユ、『C−Lex』は(11)ゴスホークケンを擁立するも、半数以上のソフトが2番手以内に挙げる(16)キストゥヘヴンには及ばず、軸馬は即答で決定した。
  穴系ソフトのイチ推しは(12)アイルラヴァゲインだが、それに続くところに(6)クーヴェルチュールと(7)テンイムホウの2頭。前述(1)ヤマニンエマイユと合わせ、4頭出走の牝馬が高い評価を得ている印象だ。京成杯AHは(16)から(1)(12)(6)(3)(7)へ。
  阪神メーン10RのセントウルSは、『カツラギ』『C−Lex』推奨の(8)スズカフェニックスが予想勝率35%。同じG1ホースである20%(11)ファイングレインは大きく水を開けられた印象だが、それより驚かされたのは大多数の予想ソフトが2番手以内に推奨する(2)タニノマティーニか。
  惜しくも(8)スズカフェニックスを逆転するまでには至らなかったのだが、評価としてはほぼ同数。こちらは(8)から(2)(6)(16)へ流し、(2)から(11)(6)も押さえた5点での勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.