競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - BSN賞


 新潟メーン11RのBSN賞はダート短距離のオープン特別。ここは(2)ジョイフルハートと(14)サープラスシンガー、逃げ馬2頭のハナ争いが見ものになりそうだ。(2)ジョイフルがダートで32秒7を出せば、(14)サープラスは芝で32秒1。果たしてどちらが速いのか?
  そして、そのハナ争いはレースの結果をも左右してしまいそうだというのが予想ソフトの共通見解となっている。まず『カツラギ』の本命が、予想勝率19%の(14)サープラスシンガー。それに対立するように、(2)ジョイフルハートに◎を打ってきたのが『ダビジェネ』と『C−Lex』。
  『カツラギ』の2番手は予想勝率12%の(3)シルクビッグタイムで、続いて11%の(5)タイセイアトム。この両頭は近走芝での大敗はあるが、ダートでは重賞でも底を見せていない。この辺りは初ダートとなる(14)サープラスシンガーとの比較が難しいところ。
  各種予想ソフトがダート替わりをどの程度考慮しているのかは分からない。しかし全体傾向としては、芝レースのほうがハイレベルであることは過去データから明白だ。BSN賞は(14)から(2)(8)(5)(4)(11)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.