競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 関屋記念


 灼熱の新潟、直線659mのマイル戦、本日の新潟メーン11Rは関屋記念。半数を超える馬が前走後ひと息入れてここに臨むという少々特殊な構成で、ここは少頭数ながら考え方の難しい一戦となりそうだ。
  まず『カツラギ』は、予想勝率17%で(12)マルカシェンクを本命に挙げてきた。それに続く14%が(11)リザーブカードと(7)ナカヤマパラダイスで、さらに12%で(4)フサイチアウステル、(2)フサイチアウステル、(3)トップオブツヨシなど。上位6〜7頭、ほとんど横一線といっても差しつかえのない数値に見える。
  他のソフトを見ても(12)マルカシェンクは抜けた存在と扱われず、むしろ総合では『C−Lex』本命(2)トウショウヴォイスや『ダビジェネ』推奨(4)フサイチアウステルが、これを上回る評価を得ることに。
  ひと息入った状態でも上位に評価された(12)マルカシェンクや(11)リザーブカードはさすがとも言えるのだが、どうやら予想ソフトは穴系ソフト推奨の(7)ナカヤマパラダイス、(6)フジサイレンスも含め、順調に使われている組を若干上に考えているようだ。関屋記念は(2)から(4)(3)(7)(6)(10)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.