競馬マスターズ
2018年09月17日15:22 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エプソムC


 東京メーンのエプソムカップには、次代の重賞戦線を担う素材がズラリ。重賞初出走となる(7)ヒカルオオゾラと(8)ファストロック、重賞勝ち馬もキャリアの浅い(11)トーホウアランと(12)サンライズマックス、この辺りが人気を集めることになるだろう。
  それらの中でも抜けた人気となりそうなのが(7)ヒカルオオゾラなのだが、おそらく予想ソフトの評価はそれ以上に高い。『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』、一糸乱れぬ統率力で、これらを含む全ソフトの本命が(7)ヒカルオオゾラで一致した。
  予想勝率は堂々の35%。2番手(2)ブライトトゥモローが9%であることを考えると、ここは混戦G3の中に1頭だけG1級が混じっているとさえ言えそうだ。対照的に(8)ファストロックと(11)トーホウアラン、(12)サンライズマックスの3頭は総合5番手にも入れず、エプソムカップは(7)から(2)(18)(3)(14)(17)への結論となる。
  中京メーンのCBC賞は、『カツラギ』推奨17%の(2)スリープレスナイトを『ダビジェネ』『C−Lex』本命の8%(3)ウエスタンビーナスが逆転。こちらは(3)から(2)(1)(16)(13)(6)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.