競馬マスターズ
2018年10月21日15:25 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - NHKマイルカップ


 昨年2歳チャンプ(11)ゴスホークケンの直前大敗で、混戦の様相を呈してきたNHKマイルカップ。昨日の京都新聞杯メイショウクオリアの勝利で、この世代は31レースの重賞で29頭の重賞ウイナーが誕生したことになる。さすがに弥生賞と皐月賞は既存重賞ウイナーが勝利した形なのだが、このNHKマイルカップはどうだろうか?
  私は十余年に渡り200を超える予想ソフトを見てきたのだが、多くのソフトは基本的に“格重視”であると思われる。もちろんそれは一般的な印の付き方と比較しての話だが、勢いのある馬、持ち時計のある馬よりも、勝ったレースの格が重視されることが多い。
  もちろん、このNHKマイルカップもG1勝ちの(11)ゴスホークケンやG2勝ちの(1)サトノプログレスが重視されるだろうと考えていた。しかしフタを開けてみると、◎が集中したのは重賞初出走の馬だった。
  『カツラギ』は予想勝率15%(5)ブラックシェルを筆頭に挙げてきたのだが、それを除く主要ソフトは『ダビジェネ』『C−Lex』も含め、すべて本命(15)ファリダット。NHKマイルカップは(15)から(5)(4)(14)(7)(13)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.