競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京都新聞杯


 ダービーへの出走権を賭けた京都新聞杯。現時点でそれを確定的なものにした出走馬は見当たらず、ここは熾烈な争いが予想される。
  まず『カツラギ』が筆頭に挙げてきたのは、予想勝率30%の(11)メイショウクオリア。次いで2番手には21%で(5)ロードアリエスが着け、この2頭が3番手8%(7)リッカロイヤルらを大きく突き放す形となっている。
  しかしその意見に真っ向から対立してきたのが『C−Lex』推奨の(14)ヨドノヒーロー。たしかに近2走、芝中距離での走りには非凡なものがあり、いきなりの重賞でどこまで通用するか興味深いところ。総合ではわずかに(11)メイショウクオリアに及ばなかったものの、堂々の2番手評価となった。
  穴系ソフトの推奨は(2)ミダースタッチや(16)シャイニングデイなどダートを勝ち上がってきた馬で、このグループにも(5)ロードアリエス。京都新聞杯は(11)から(14)(5)(2)(16)(15)への結論となる。
  東京メーンのプリンシパルSは、予想勝率20%の(5)オースミスパークが『カツラギ』『カダビジェネ』の本命として一致。(2)テラノファントムは5%の8番手にしか評価されず、こちらは(5)から(11)(6)(3)(9)(7)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.