競馬マスターズ
2018年10月21日15:25 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)


 昨秋までは現役最強として君臨した(8)メイショウサムソンが前哨戦の大阪杯も見せ場なく敗れ、替わって注目されたのが前年菊花賞の(13)アサクサキングスと、阪神大賞典を完勝した(14)アドマイヤジュピタ。しかしこの2頭も共に8枠に入ってしまい、天皇賞は混迷の度合いがより一層深まってしまったように思う。
  しかしそれでも、予想ソフトのイチ推しはG1・4勝の(8)メイショウサムソン。『カツラギ』予想勝率22%。これが21%の(13)アサクサキングスと並び、3番手9%(14)アドマイヤジュピタ以下を大きく引き離す形。
  『C−Lex』は(7)ドリームパスポート、『ダビジェネ』は(3)アドマイヤモナークを筆頭推奨するものの、これらの予想勝率は7〜8%の4、5番手。予想ソフトは全体的に実績重視の傾向が強く、ただ2頭のG1勝ち馬である(8)メイショウサムソンと(13)アサクサキングスを逆転するまでには至らなかった。
  万馬券製造機『Queen』の推奨は、ハナを主張するであろう(6)アドマイヤメインと、追い込み末脚に賭ける(1)サンバレンティンの両極端な2頭。天皇賞は(8)から(3)(7)(6)(1)(5)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.