競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞


 牡牝マイル路線すべてを合わせても、重賞2勝馬がなかなか誕生しなかった今年のクラシック戦線。さらに驚くべきは、オープン2勝馬でさえも、マイネルチャールズとマルブツイースター、それに牝馬3頭の計5頭だけだということ。
  そして牝馬3頭のうち2頭が人気薄で桜花賞2、4着。そういった面からも、世代唯一のオープン3勝馬(9)マイネルチャールズに対しての敬意は必要だろう。
  ここまで書いたところで『カツラギ』の評価を見て驚いた。同馬は◎どころか○でも▲でもなく、予想勝率6%の10番手にしか位置づけられていなかったのだ。
  指数詳細を見てみると、前走弥生賞が自身の最高パフォーマンス。しかしそのレベルを今回も続けるのは困難であり、しかも弥生賞レベルの走りを見せたとしても、ここでの勝ち負けは難しいという見解のようだ。王道を歩んでの3連勝馬がこの評価、さすがに絶句してしまった。
  替わって1位、2位に支持されたのは13%(8)ダンツウィニングと11%(14)ノットアローンの若葉S組。(9)マイネルチャールズは総合でも首位を奪い返すことはできず、皐月賞は(8)から(9)(14)(18)(10)(12)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.