競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - NZT


 春G1戦線の主役が続々と勝ち名乗りを上げる中、ここに来てようやく2歳王者の(13)ゴスホークケンが始動。NZTは同じ中山芝マイルの舞台、脚質的にもこの馬の出方がレース全体の鍵となるだろう。
  しかし(13)ゴスホークケンは予想勝率21%で『カツラギ』が◎を打ってきたものの、それを除く大多数のソフトは▲止まり。総合では『ダビジェネ』『C−Lex』本命の14%(3)ダンツキッスイが、これをアッサリと逆転した。
  さらに付け加えるなら(12)ダノンゴーゴーにも半数近くの◎が付いており、(13)ゴスホークケンは総合3番手。同コースのG1圧勝馬、まさかの低評価でNZTは(3)から(12)(1)(2)(9)(15)への結論となる。
  阪神メーンの阪神牝馬Sは、(6)ジョリーダンスと(12)ローブデコルテが双璧。多少実績に劣っても、牡馬重賞に挑戦してきた馬を狙うのが牝馬限定重賞での定石。おそらくひとクラスぐらいのレベル差がある。
  前年同レースの勝ち馬と、ハイレベル世代のオークス馬。甲乙付け難いところだが、『カツラギ』推奨32%の(12)ローブデコルテが一歩リード。(6)(8)(2)(9)(1)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.