競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 弥生賞


 チューリップ賞を終えても牡牝ともに重賞2勝馬不在、大混戦のまま迎えた皐月賞トライアルの弥生賞。その混戦から抜け出す馬が現れるのか、それともさらなる混迷へのいざないか。皐月賞へ向けての試走ではない、今年の弥生賞は熱いレースになりそうだ。
  予想ソフトの推奨も、簡単には方向性を見出せなかった。『カツラギ』が(15)キャプテントゥーレを本命に推せば、『C−Lex』と『ダビジェネ』は(7)フサイチアソートと(2)タケミカヅチで真っ向から対立。全体票では(13)ブラックシェルも互角と考えられる位置に付けている。
  (15)キャプテントゥーレの『カツラギ』予想勝率は17%で、その後に続くのが14%の(2)タケミカヅチと(6)スズジュピター。穴系ソフトからは『Queen』が札幌2歳Sの覇者(16)オリエンタルロックを推奨し、弥生賞は(2)から(15)(13)(6)(16)(5)へ流してみたい。
  中京メーンの中京記念は(4)シルクネクサスが予想勝率22%の『カツラギ』本命。(9)ハイアーゲームや(7)センカクなど◎は票割れ気味だが、(1)トーホウアランにはほとんど印が付かず。こちらは(4)から(7)(9)(10)(12)(5)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.