競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 日経新春杯


 春の盾を目指すステイヤーが集うハンデ戦。京都メーンの日経新春杯は、長期休養後も底を見せずに重賞制覇の(1)アドマイヤジュピタに注目か。年末の有馬記念を自重し、今度はトップハンデでの出走。それを予想ソフトがどのように評価するのか気になるところだ。
  結論から言ってしまうと、総合5番手。『カツラギ』予想勝率は8%でしかなく、その『カツラギ』は17%で(9)ヒラボクロイヤルを推すという混迷ぶり。結局はこの馬と(13)マキハタサイボーグ、そして(2)アドマイヤモナークが上位を占めることになった。
  狙いの焦点が定まらないのは穴狙い系のソフトも同様。さすがにハンデ戦といったところだが、日経新春杯は(2)から(13)(9)(11)(7)(14)への結論となる。
  中山メーンの京成杯は、こちらも混迷の一戦。『カツラギ』筆頭推奨は予想勝率16%の(10)ドットコムなのだが、上位5〜6頭が横一線。さてはこれもハンデ戦かと、思わず施行条件を再確認してしまったほどだ。
  人気としては2勝馬対ラジオNIKKEI杯好走組なのだろうが、ここはあえて異端の本命。(10)ドットコムから(13)(11)(14)(16)(7)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.