競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ラジオNIKKEI杯2歳S


 2歳戦最後の大一番として、朝日杯FSと同等の注目を集めるラジオNIKKEI杯2歳S。このレースの注目馬はデビュー前から大物と噂され、2戦1勝の実績でここに臨んできた(5)ダノンイサオだろうか。
  しかし(5)ダノンイサオを推奨する予想ソフトはごく少数。『C−Lex』は(13)サダムイダテンを本命とし、『カツラギ』『ダビジェネ』は7戦5連対の(7)ランチボックスを筆頭推奨。新種牡馬シンボリクリスエスの産駒が年内に2勝馬となれるかどうかの瀬戸際だ。
  『カツラギ』の(7)ランチボックス予想勝率は27%で、2番手(3)メイショウクオリアもそれに負けない21%。(5)ダノンイサオは10%の3番手にとどまり、その後は9%(13)サダムイダテン、(2)サブジェクトと続く。
  穴系ソフトが一番に推奨するのは万馬券製造機『Queen』本命の(6)マイネルファルケ。これとて前走は中山の2000mを5馬身の圧勝、大物感といった点では人気馬にもヒケは取らない。ともかく予想ソフトの評価は本命系穴系ともに(7)ランチボックスに染まり、(5)ダノンイサオは総合4番手。(7)から(13)(2)(3)(6)(4)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.