競馬マスターズ
2018年04月15日15:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神C


 今年の古馬短距離G1戦線にすべて出走し、常に人気の中心近辺にいた(17)スズカフェニックスが最後に選んだのはG2阪神カップ。ここは必勝を期したG2出走とも見て取れる。
  しかし予想ソフトの(17)スズカフェニックス本命推奨は『C−Lex』のみ。高松宮記念G1での楽勝があまりにも鮮やかすぎた同馬だが、実はオープンクラスでは9戦2勝。まったくの凡走はないものの、人気の割に取りこぼしも多い。
  そういった実態を見越してか、『カツラギ』は(7)エイシンドーバー、『ダビジェネ』は(4)ジョリーダンスを本命に推奨。その他にも(11)ドラゴンウェルズ(12)フサイチリシャールなど予想ソフトの◎は割れ、(17)スズカフェニックスはそれらの中の1頭でしかない。
  『カツラギ』の(7)エイシンドーバー予想勝率は19%。ちょっと信頼するには乏しい確率だが、それでもここは総合最上位。阪神カップは(7)から(11)(1)(12)(4)(18)での勝負となる。
  中山メーンのフェアリーSは『C−Lex』推奨13%の(9)メイビリーヴを『カツラギ』推奨17%(6)ビーチアイドルが上回る形。こちらは(6)から(9)(10)(16)(4)(12)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.