競馬マスターズ
2018年07月15日15:21 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念


 阪神競馬場の改修にともない、昨年から芝1800mの別定戦となった鳴尾記念。昨年はクラシック好走の3歳が1、2番人気で1、2着したのだが、人気傾向としては今年も同様か。レベルが高いと言われる3歳牝馬の(6)レインダンスにも衆目が集まるところだろう。
  しかしその(6)レインダンスは予想ソフトの支持を得られず。最上位でも『カツラギ』の5番手が目立つ程度で、『ダビジェネ』は(3)エイシンデピュティ、『C−Lex』は(11)シルクネクサスを筆頭推奨。この距離なら〜といった両頭である。
  しかし『カツラギ』本命は予想勝率25%の(12)ドリームジャーニー。その(12)ドリームジャーニーに対し弥生賞、皐月賞、日本ダービーすべてで先着した(15)アドマイヤオーラが17%で続き、やはり総合では3歳馬が優勢。鳴尾記念は(12)から(11)(15)(9)(1)(2)へ流してみたい。
  中山メーンの師走Sは、『カツラギ』予想勝率1位が12%どまりという大混戦。(6)ドンクールが一応の最上位だが、(16)アイスドールや(9)フェラーリピサをはじめ、10頭以上が横一線と言っても差し支えのない状況。こちらは(6)から(13)(1)(7)(12)(15)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.