競馬マスターズ
2018年01月21日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF


 2歳牝馬の頂点を決める阪神ジュベナイルフィリーズ。今年は3勝馬の(18)エフティマイアが直前の大敗で人気を落とし、ファンタジーSの1、2着馬、(11)オディールと(10)エイムアットビップが人気を分け合う形となりそうだ。
  予想ソフトの評価もそれに準じ、『ダビジェネ』は(11)オディール、『C−Lex』は(10)エイムアットビップを筆頭推奨。共にここまで大崩れなし、実力拮抗と火花を散らす。
  しかし、悠々とそれら2頭の上にランク付けされてしまったのが『カツラギ』本命(3)番のレジネッタ。前走8番人気勝ちの伏兵だが、予想勝率24%。この数字は(11)オディールの13%、(10)エイムの9%を大きく上回る。
  もう1頭上位に食い込んできたのは12%の(13)カレイジャスミンで、この馬と『Queen』推奨(16)ヤマカツオーキッドが2大伏兵か。阪神JFは(3)から(11)(10)(13)(1)(16)へ流す結論となる。
  中京メーンの中日新聞杯は、素質馬(8)サンライズマックスが予想勝率23%。2番手以降も15%(13)タスカータソルテを筆頭に、(18)マイネルや(16)ゴールドなど3歳馬が上位を独占。こちらは(8)から(16)(5)(9)(1)(7)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.