競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エリザベス女王杯


 最強世代の呼び声も高い現3歳牝馬勢、その中でも頂点に位置する(3)ウオッカと(7)ダイワスカーレットの一騎打ちが予想されるエリザベス女王杯。前日の福島記念も3歳牝馬アルコセニョーラが制し、その勢いに拍車が掛かる。
  しかしながら、予想ソフトの評価はこれを大きく裏切る形。まず(7)ダイワスカーレットは一応『カツラギ』本命推奨馬なのだが、その予想勝率は19%。他のソフトを見ても大半が4〜5番手程度にしか扱っておらず、これはまず1頭が脱落か。
  そしてもう1頭の(3)ウオッカ、これがまったく見当たらない。同馬を5番手以内に挙げるソフトは皆無であり、『カツラギ』評価も8%の6番手。これは一体どうしたことか。連載開始から10年に渡り予想ソフトの印を見ているが、これほどまでに評価の低い2強対決は見たことがない!
  当然そうなると本命票は割れ、『ダビジェネ』が(14)キストゥヘヴン、『C−Lex』が(1)デアリングハートなど4〜5頭が横一線。エリザベス女王杯は(1)から(14)(9)(6)へ流し、(14)から(9)(6)も抑えた計5点で狙ってみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.