競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 福島記念

 


 福島メーンの福島記念には福島重賞の勝ち馬が4頭集結。(2)ロフティーエイム、(5)タマモサポート、(10)サンバレンティンに(15)グラスボンバー。さらに2002年カブトヤマ記念を1着入線(10着降着)した(11)カンファーベストも含めると、合計5頭。これはちょっと珍しいぐらい福島巧者がそろったと言えそうだ。
  しかし『カツラギ』の本命は、これらのうちどれでもない(16)トウカイワイルド。予想勝率は17%ながらハンデ戦としては悪くない数字。これに13%(14)マイハッピークロスと(5)タマモサポートが続き、11%(11)カンファーベストは『ダビジェネ』の本命馬。同馬を2番手に挙げるソフトも多く、(16)と(11)が首位を争うこととなった。
  福島重賞2勝の(10)サンバレンティンは予想勝率8%の5番手止まり。総合評価もこれに類するところであり、さすがに58kgは荷が重いといったところか。福島記念は(16)から(11)(13)(15)(12)(1)への結論としたい。
  東京メーンの京王杯2歳Sは『カツラギ』予想勝率33%の(13)ミッキーチアフルを総合で(12)レッツゴーキリシマが逆転。こちらは(12)から(13)(14)(5)(2)(10)へ。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.