競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 大阪スポーツ杯

 


 阪神メーンの大阪スポーツ杯、ここは昇級馬の扱いがキーポイントになりそうだ。昇級馬といえば、このクラスですでに2度連対している(11)ピサノアルハンブラが人気だろうが、予想ソフトが注目したのはそちらではない。『カツラギ』『ダビジェネ』の本命として一致した(1)クィーンオブキネマだ。
  2歳秋早々にダート2戦を圧勝し、2歳ダートチャンプを決める全日本2歳優駿(川崎)では2番人気にまで支持された馬。その後しばらく低迷してしまったが、前走の勝ちっぷりは2歳時の輝きを彷彿とさせるものだった。
  昇級戦、『カツラギ』予想勝率19%ながら軸は不動。(3)ゼンノトレヴィや(10)ブライティアカームなど穴馬としての期待値も高く、大阪スポーツ杯は(1)から(12)(8)(3)(10)(6)への結論となる。
  中山メーンのながつきSは(16)スマートストリームと(1)マイネルテセウスが本命票を分け合うも、全体的には(16)スマートストリームが優勢。予想勝率32%、(11)サトノスローンや(8)ガイアレーサーの名前は5番手以降にしか挙がらず、こちらは(16)から(1)(2)(3)(9)(4)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.