競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - エルムS

 


 札幌メーンのエルムSは今後のダート戦線の行方を占う一戦。新興勢力の3歳勢に、芝路線から転戦の牝馬(5)フサイチパンドラ。これらが古馬牡馬に通用するかどうかが見ものとなる。
  前日オッズを見渡すと、これは通用するも何も、そちらのほうが中心勢力と考えられている模様。むしろ興味は(1)ロングプライドと(8)メイショウトウコンの末脚比べか?
  しかしながら『カツラギ』の本命対抗はそのどちらでもなく、予想勝率19%の(5)フサイチパンドラと(2)オリンピアンナイト。14%(7)マコトスパルビエロが3番手で、(1)ロングプライドは13%、(8)メイショウトウコンに至っては9%で6番手の評価にとどまった。
  (7)マコトスパルビエロは『ダビジェネ』『C−Lex』の本命推奨馬として重なり、どうやら末脚比べよりも先行力のある馬が優勢。実はこのレース、今年で12回目の施行になるのだが、差して連対した馬は過去にたったの2頭しかいない。
  穴系ソフトが推奨する馬も(9)アルドラゴンや(13)ハギノベルテンポなど前に行ける可能性を含んだ馬で、ここは前残りを期待。エルムSは(7)から(5)(2)(11)(9)(13)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.