競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンS

 


 真夏の牝馬決戦は、札幌メーン9RのクイーンS。このレースの主役は、4歳牝馬三冠路線をすべて1番人気に支持されていた(5)アドマイヤキッスだろうか。前走安田記念で初めて15番人気の低評価ながら、4着で力のあるところをアピール。しかしこれは3着〜9着までクビクビハナ差大接戦でのものだけに、過大評価は避けたいところである。
  このレース、『カツラギ』の本命は予想勝率21%の(10)デアリングハート。2番手18%に(6)コスモプラチナと(5)アドマイヤキッスが並び、さらに15%(11)ディアチャンスという評価順になっている。
  (5)アドマイヤキッスはどういうわけか穴系ソフトの支持を多く集め、これは1番人気馬としては逆に不安材料。クイーンSは(4)コアレスパティオの大穴支持厚く、(10)から(11)(5)(4)(6)(12)への結論としてみたい。
  小倉メーン10Rの北九州記念は、(7)アストンマーチャンよりも(1)メイショウトッパー。予想勝率は15%対22%ながら、(7)アストンを本命とするソフトは皆無であり、総合評価では何と6番手。こちらは(1)から(16)(12)(3)(9)(8)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.