競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 七夕賞

 


 福島メーンの七夕賞はハンデ戦、それでなくともオッズが割れそうなメンバー構成のところ、絶妙な具合のハンデ差が混戦に輪をかける形となっている。
  しかしながら『カツラギ』評価は一頭突出。この春、天皇賞と目黒記念で一線級を相手に差のない競馬をしていた(1)アドマイヤモナーク、この馬に38%の予想勝率をつけてきたのだ。2番手(9)ユメノシルシが14%、3番手(4)サンバレンティンが9%であることからも、あとひと押しあれば確勝とも言えるポジションにも見えた。
  しかしそのひと押しが得られず、総合評価としては『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の(8)ヴィータローザに次ぐ2番手。七夕賞は(1)と(8)ほぼ同等の評価ながら、結論としては(8)から(1)(10)(4)(6)(13)での勝負となる。
  阪神メーンのプロキオンS、こちらは(14)ワイルドの独壇場かと思いきや、『C−Lex』が(5)オフィサー、『カツラギ』は予想勝率25%で(15)リミットレスビッドを筆頭推奨。オッズ的にはちょっと意外な三つ巴、若干(14)ワイルドワンダーが上回るところではあるが、こちらは(15)から(5)(2)(9)(3)(6)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.