競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 金鯱賞

 


 中京メーンの金鯱賞、ここは半数が久々の出走となり、しかもそれらが人気を集めそうな気配。(11)アドマイヤメインや(6)インティライミなど過去2年のダービー2着馬もそろい、近走実績はともかく、なかなか華やかなメンバーとなった。
  ところが予想ソフトはそういった華やかな面々には目もくれず、『カツラギ』は予想勝率29%で(1)スウィフトカレントを筆頭に推奨。『C−Lex』は本命を(12)ヴィータローザと表示し、総合首位は『ダビジェネ』推奨(5)アサカディフィート。
  実績重視の傾向が強く見られる予想ソフトとしては意外な評価順だが、これは素直にダービー2着や菊花賞3着よりも古馬ローカルG3勝ちを上と考えるべきか。金鯱賞は孤高の9歳馬、(5)アサカディフィートから(1)(3)(7)(8)(12)へ流してみたい。
  東京メーンの欅ステークスは、こちらも(8)トロピカルライト、(3)タイキジリオン、(13)トーセンブライトと本命票が分かれる結果に。『カツラギ』推奨は予想勝率22%で(1)オフィサーなのだが、これもまったく賛同が得られずに押しが弱い。こちらは(13)から(3)(8)(15)(2)(9)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.