競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 優駿牝馬(オークス)

 


 桜花賞1、2着馬が共にこのレースを回避し、蓋を開けてみれば重賞勝ち馬2頭という具材となってしまった第68回の優駿牝馬オークス。ハイレベルと言われた桜花賞とは別の路線を歩んできた(7)ベッラレイアが、その穴を埋められるかが焦点となりそうだ。
  だがしかし、その(7)ベッラレイアが今ひとつ予想ソフトに評価されず。一応『C−Lex』がこれを最上位に推すものの、『カツラギ』予想勝率10%の3番手。32%と圧倒的に評価された(18)ザレマには遠く及ばない状況だ。
  そしてその(18)ザレマよりも高い総合点を取得したのがG1ホースの(8)ピンクカメオ。NHKマイルカップをフロック視されての人気薄だろうが、フロック続きで7戦4勝の成績は得られまい。これが予想勝率18%、『ダビジェネ』『RW』の最上位推奨馬である。
  穴系ソフトの推奨は、実績で劣る(13)ウィンナワルツや(3)マイネルーチェといった辺り。ただ、このメンバーなら実績と言っても五十歩百歩、狙える余地が見える辺りが混戦の所以か。オークスは(8)から(18)(7)(11)(13)(3)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.