競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯SC

 


 毎年冬季は成績の上がらない当コーナーだが、先週のNHKマイルカップ、馬連3万馬券の的中で、ようやく今年もプラス収支に目処が立ってきた。ローレルゲレイロがソフト全体の票を集め、万馬券製造機『Queen』がピンクカメオを大推奨。“的中率重視系の本命から穴系ソフトの本命に流す”というコンセプトがピタリと嵌った形だ。
  本日の東京メーンは古馬短距離の京王杯SC。先週のNHKマイルカップ同様、人気が割れそうなメンバーか。ただひとつ、予想ソフトの本命も割れ気味になってしまった点が少々難しい。
  それでも『カツラギ』は(8)エイシンドーバーを予想勝率30%として強く推奨。これは14%(2)マイネルアルビオンや12%(6)マイネルスケルツィを大きく引き離して確勝に近い率なのだが、孤軍奮闘、他ソフトの賛同を得ることはできなかった。
  それに対して『C−Lex』と『RacingWorld』の本命は(15)ピカレスクコートで一致。予想勝率4%ながら、予想ソフト総意としてはこの馬が中心ということになる。京王杯SCは、(15)から(8)(6)(9)(11)(13)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.