競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - NHKマイルカップ

 


 今年のNHKマイルカップは同レース始まって以来最大の混戦か。こういった混戦がハイレベルであることはごく少なく、これはG1として残念なことと言わざるを得ない。馬券的にも大変難しいところだろう。
  しかし驚いたことに、予想ソフトの評価はただ1頭にのみ集中した。『ダビジェネ』『カツラギ』など、約8割のソフトが本命(10)ローレルゲレイロで一致したのだ。昨夏から重賞での連続好走に加え、皐月賞最先着。とは言え、1勝馬がこれほどまでに評価されるとは。
  『カツラギ』の示す予想勝率は19%で、率自体は16%(6)イクスキューズ、12%(16)シャドウストライプや10%(1)アサクサキングスなどと比べても大差はないところ。この辺りの評価は妥当なところと考えてもいいだろう。
  皐月賞で初めて崩れたとは言え、着差を見れば勝ち馬と1馬身半程度。連軸としての信頼はまだ失っていないということだろうか。NHKマイルカップは(14)ピンクカメオや(9)ワールドハンターを穴馬とし、(10)から(5)(16)(6)(14)(9)へ流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.