競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 桜花賞

 


 年明け初戦、エルフィンS圧勝で桜花賞確定と囁かれ、トライアルチューリップ賞でも噂に違わぬ強さを見せ付けた(14)ウオッカ。なかなか強豪のそろった今年の桜花賞ではあるが、それでも恐らく単勝オッズは1倍台前半。無人の野を行くが如くの圧勝が望まれるところであろう。
  しかしこれがまったく予測できなかったわけではないが、やはり意外と言うべきか、予想ソフトはスピードのある馬を好む。『カツラギ』や『C−Lex』など、『ダビジェネ』を除く主要ソフトの本命がすべて(15)アストンマーチャンで一致したのだ。
  予想勝率29%。『カツラギ』は2番手に20%(18)ダイワスカーレットの名前を挙げ、(14)ウオッカは14%の3番手。さすがに4番手以下とは大きな差があるのだが、チューリップ賞で6馬身の差をつけた2頭を大きく上回る評価を得た(15)アストンマーチャンに驚きを隠しえない。
  さすがに(14)ウオッカと(18)ダイワスカーレットが3強から漏れることはなかったのだが、オッズとの兼ね合いで(14)ウオッカは消し。桜花賞は(15)から(18)(16)(3)(5)(8)で伏兵台頭を期待したい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.