競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 産経大阪杯

 


 昨年の二冠馬、(3)メイショウサムソンが始動する産経大阪杯。ダービー以降は苦戦が続く同馬だが、ここは一気に相手が弱化。もはや4歳最強という意見もほとんど聞こえなくなってしまったが、ここで何とか少しでも威厳を取り戻したい。
  しかしこのメンバーでも厳しいのだろうか、『カツラギ』は(3)メイショウサムソンの予想勝率を11%とし、順位的には4番手。しかも『ダビジェネ』『C−Lex』といった辺りは更に低い評価であり、総合6番手という予想順位にしかならなかった。実績重視が基本の予想ソフトにおいて、これはちょっとしたサプライズか。
  代わって票を集めたのは、金杯圧勝も中山記念敗退も、予想ソフトにはごく順当な結果と予見されていた(10)シャドウゲイト。これが『カツラギ』『ダビジェネ』ほか全会一致の本命で、こうなると逆らう手はない。大阪杯は(10)から(8)(5)(4)(7)(2)へ。
  中山メーンのダービー卿CTは30%(2)サイレントプライドが『カツラギ』本命も、『ダビジェネ』『C−Lex』そろって(15)ニシノデューを最上位に推奨。こちらは(15)から(2)(13)(10)(8)(1)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.