競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フラワーC

 


 中山メーンのフラワーC、ここは1勝馬が大勢を占める小粒なメンバー構成だが、一応の中心は5戦4連対の(5)ショウナンタレントだろうか。問題は、走破タイムを基準としたスピード指数がその戦績に見合うかどうかだが…。
  結論から言うとまったく問題はない。予想勝率30%と断然に評価した『カツラギ』をはじめ、『ダビジェネ』などの主要ソフトもこれに賛同。問題はただ一点、逃げでしか好走できていないというところか。
  そういった点、機械的に展開を読むことを売りとしている『C−Lex』は、同馬を4番手にしか評価していない。最上位はシッカリとした差し脚を持つ(10)ジョウノガーベラだ。
  とは言え、逆に言うなら先手が取れるメンバーであれば能力的には(5)ショウナンタレントで問題ないということ。メンバー的に微妙なところではあるが、やはりこの馬が中心か。
  『カツラギ』2番手は16%(1)ペルサントクリールで、以下11%(12)トウカイファイン、10%(10)ジョウノガーベラの順。フラワーCは(5)から(10)(14)(11)(4)(3)へ流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.