競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フィリーズレビュー

 


 阪神メーンのフィリーズレビューは短距離系の桜花賞トライアル。この時期、この距離、持続的なスピードで押し切るタイプの馬をどう扱うかがポイントとなるレースである。
  今年の場合それは唯一無二、(12)アストンマーチャンだろう。実績を言えば圧倒的、G1の阪神JFでも1倍台の1番人気に推された同馬を、予想ソフトが低く評価するはずもない。予想ソフトは全般的に実績重視、スピード重視の傾向にあるからだ。
  当然『ダビジェネ』『C−Lex』など大多数のソフトがこれを1番手に挙げるも、『カツラギ』は予想勝率32%で(8)ニシノマナムスメのほうを若干高く評価。これは注目に値するポイントだろう。
  全体数を合計するとやはり(12)アストンマーチャンが最多得票ということになるのだが、恐らく今回も抜けた人気、オッズほどの価値があるかどうかはちょっと微妙なところ。
  多少強引ではあるが、ここはほぼ同等の評価を得た(8)ニシノマナムスメから狙ってみたい。フィリーズレビューは(8)から(12)(1)(4)(11)(2)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.