競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - チューリップ賞

 


 (11)ウオッカと(7)ダイワスカーレット、注目2頭が激突するチューリップ賞。阪神JFとエルフィンSで牝馬相手に敵なしの強さを見せてきた(11)ウオッカか、それとも牡馬トップクラスを相手に互角の競馬をしてきた(7)ダイワスカーレットか。甲乙つけがたいところだ。
  まず予想ソフトの結論を言うなら、これは明確な差をつけての(7)ダイワスカーレット。『カツラギ』予想勝率は37%対(11)ウオッカ30%で、16%(8)ローブデコルテや7%(9)タガノグラマラスを大きく引き離しての一騎打ちも、思ったよりも差がついた印象。
  そして注目レベルではその2頭にも匹敵しそうなのが1戦1勝(10)アロープラネット。この馬は『C−Lex』がポツンと◎の形なのだが、前走テンの早さ、つまりセンスの良さと終いの脚が高く評価され、大物の資質ありと判断されたようだ。たしかにそれだけの雰囲気は持っている。
  チューリップ賞は基本(7)ダイワスカーレットを頭としての一騎打ちだろうが、それら2頭をも力で捻じ伏せる可能性のある(10)アロープラネット。(7)から(11)(10)(9)(1)へ流し、馬連(10)(11)を押さえた5点を結論としたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.