競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - AJCC

 


 中山メーンのアメリカJCCは将来を嘱望される4、5歳が人気の中心となりそうだ。ディープインパクト世代のダービー2着馬か、それとも重賞勝ちのない1つ下の世代か。いずれにしても人気上位はすべてサンデーサイレンス系だろうか。
  予想ソフトの評価は一点に集中した。競走中止がなければセントライト記念を勝ち、昨年末にはG1戦線にも出ていてのではないかとの評価も聞く(5)マツリダゴッホである。これが『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』の推奨を受け、予想勝率31%。2番手以下を大きく突き放す。
  次位は(10)エアセレソンや(7)シルクネクサスが(4)インティライミと同等の評価を得ているのだが、最大の穴馬は初芝となる(6)ラッキーブレイクか。ただ、父ジェリの種牡馬成績は明らかにダート向き。『カツラギ』14%の2番手も、穴馬以上の評価はできそうにない。AJCCは(5)から(10)(7)(2)(1)(6)へ。
  京都メーンの平安Sは、予想勝率26%の(12)サンライズバッカスが『カツラギ』『C−Lex』の本命として一致。こちらは(12)から(3)(4)(13)(2)(9)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.