競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京成杯

 


 中山メーンの京成杯は、3ヶ月後の皐月賞と同じ舞台設定で行われる3歳重賞。近年はあまり見かけなくなってしまったが、過去にはこのレースの勝ち馬が数年連続で皐月賞を人気薄で好走。同距離同コースでの重賞勝ち、注目すべき点はある。
  予想ソフトの評価を見て、まず驚いたのは(10)サンツェッペリン。この馬が『ダビジェネ』『C−Lex』の本命に推されており、『カツラギ』も予想勝率15%の2位評価。総合では『カツラギ』『RW』推奨の(7)メイショウレガーロに及ばなかったものの、ほぼ同等の評価を得ることになった。
  それに対して(3)ピサノデイラニの名前はまったく挙がらず、こちらは総合8番手。京成杯は(7)から(10)(6)(8)(2)(9)への結論となる。
  京都メーンの日経新春杯は、トップハンデの(9)アドマイヤフジが『カツラギ』『ダビジェネ』の本命馬として一致。しかしながら昨年の勝ち馬とは言え、ハンデは2.5kg増、予想勝率21%は微妙なラインか。同馬は条件的に厳しいと見て、狙いは15%(10)メイショウオウテ。ここから(9)(11)(4)(5)(2)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.