競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神カップ

 

 新設重賞、阪神カップ。この時期にこの距離のG2を新設する意図が今ひとつ分からない。札幌記念と並ぶ最高賞金額G2ということで、スプリンターズSの勝ち馬とマイルCSの勝ち馬をぶつけたいのだろうか? あいにくどちらの連対馬も出走せず、スワンSの再戦といったイメージにしかならないのが残念なところだ。
  恐らく人気の方も割れそうなところで、予想ソフトの本命馬もまるでそろわず。『C−Lex』は(16)シンボリグラン、『ダビジェネ』は(11)アサクサデンエンを推し、『RacingWorld』は(7)プリサイスマシーンといったところを最上位に挙げてきた。
  そういった中、『カツラギ』は予想外に(6)コートマスターピースを予想勝率32%で断然に評価。7着に敗れたマイルCSのスピード指数が高いわけでもなく、どう考えてもマイルCS2番人気が評価されての◎。スピード数値だけではなく、こういった予想ができるのも『カツラギ』の強みか。
  それならば、ここはもう『カツラギ』に全面的に乗ってみよう。阪神カップは(6)から(16)(7)(11)(5)(12)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.