競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 阪神JF

 

 阪神メーンの11Rジュベナイルフィリーズは、前走圧勝の(9)アストンマーチャンに衆目が集まるところだろう。目に見えたスピードタイプ、初距離初コース、それでも単勝は1倍台か。
  スピード指数をもととする予想ソフトの見解は、やはり(9)アストンマーチャン一色に染まる。大穴を狙うタイプのソフトは別として、この馬に迫る評価の対抗馬さえ見当たらず、『カツラギ』予想勝率38%となっている。
  『カツラギ』は(16)イクスキューズを14%の2番手とし、3番手12%(3)ルミナスハーバーと並んでの評価。ここに9%(2)ウオッカや8%(8)ハロースピードも加わり、一応上位はこの5頭、ほぼ人気通りか。
  ただし、(9)アストンマーチャンから2〜5番手に流すオッズはいずれも期待値が低く、このまま順番に流すのは得策ではない。阪神JFは、穴系ソフトの推奨馬を重視し、(9)から(3)(14)(11)(1)(4)への結論としてみたい。
  中京メーンの中日新聞杯は、(2)マヤノグレイシーが『カツラギ』『ダビジェネ』の本命として一致。予想勝率28%、この馬からから(7)(12)(11)(5)(8)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.