競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ジャパンカップ

 

 (6)ディープインパクトの帰国凱旋レースとなるはずだったジャパンカップ。3着敗退→失格といった形でそういったムードは吹き飛んでしまった感があるが、それでも断然の1番人気。
  ただ、デビュー戦も含め、(6)ディープインパクトに最も人気がなかったのは皐月賞と有馬記念の単勝1.3倍。今回は最も人気のない状態での出走となる可能性もある。最大の試練に英雄はどう立ち向かうのか。
  競馬予想ソフトは基本的に海外のレースをまったく考慮しない。もちろん、(6)ディープインパクトの凱旋門賞敗退も、薬物使用での失格も、それを知っている予想ソフトは1つもない。
  それでいて『馬券博士』は(1)ハーツクライ、『ダビジェネ』は(3)ウィジャボードを(6)ディープより高く評価。共に約1年の休養明けという扱いになっているのだが、これをどう受け取るべきか。更に言及するならば、両ソフト共(6)ディープの扱いは4番手でしかない。
  とは言え、『C−Lex』や『カツラギ』は、予想勝率38%で問題なく(6)ディープインパクトを筆頭推奨。不安を垣間見せつつも、ジャパンカップは(6)から(3)(2)(10)(5)(4)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.