競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - デイリー杯2歳S

 

 6月に始まった2歳戦も、この時期になると師走のG1や来年クラシックを睨んだメンバーが続々と重賞に登場しはじめる。“速い馬”と“強い馬”の力関係が逆転しはじめる微妙な時期ではあるが、それだけに予想が面白い。ここでの注目は2戦2勝、武豊の(4)オースミダイドウか。
  的中率に重きを置き、この部門では図抜けた実績を持つ『カツラギ』は、予想勝率51%のハイアベレーシでこの馬を本命に挙げてきた。2番手(5)ローレルゲレイロが10%、3番手(8)スナークトモクンが8%であることからも、他の12頭を圧倒する存在だと言えよう。
  しかしながら、その『カツラギ』以外に(4)オースミダイドウを中心視するソフトなし。それどころか『ダビジェネ』『C−Lex』『馬券博士』、いずれも3番手以内にこの馬の名前が挙ってこないという現実。これは一体どうしたことか。
  結果、総合で一番高く評価されたのは『C−Lex』『馬券博士』本命の(5)ローレルゲレイロ。加えて『ダビジェネ』推奨(3)マルカハンニバルといったところで、デイリー杯2歳Sは(5)から(3)(1)(8)(9)(2)への結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.