競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - クイーンS

 

 夏の牝馬決戦として定着してきたクイーンS。秋G1の前哨戦と呼ぶにはまだ早すぎるところだが、ここを足掛かりにG1ホースへのステップアップをもくろむメンバーがそろったようにも映る。
  そういった中、『C−Lex』と『RW』が本命に挙げてきたのは軽量3歳の(12)ブルーメンブラット。同型古馬の(11)マイネサマンサと、どっちが主導権を取るかの勝負になりそうだが、こちらも『カツラギ』『馬券博士』の推奨と負けていない。
  『カツラギ』予想勝率だけを見ると28%対3%と(11)マイネサマンサが圧倒も、総合では19%(1)チアフルスマイルも加えての三つ巴。クイーンSはちょっと冒険、(12)から(11)(1)(9)(3)(5)へ流してみたい。
  小倉メーン10Rの北九州記念は、こちらも(1)サチノスイーティーと(5)リミットレスビッドで本命票が真っぷたつ。『C−Lex』『RacingWorld』推奨の前者が際どく迫るも、『カツラギ』『ダビジェネ』本命の後者が予想勝率17%。こちらは(5)から(1)(3)(8)(12)(14)への結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.