競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 函館スプリントS

 

 函館メーンのスプリントS、ここは(6)シーイズトウショウの相手探しといったオッズ構成か。たしかに昨年の覇者、2歳時から重賞戦線で活躍してきた同馬だが、、実は重賞で1番人気に推された経験はなく、オープンでも29戦して1番人気はたったの3度。今回の人気は果たして適正と言えるのだろうか?
  そういった疑問に答えるかのごとく、予想ソフトは(6)シーイズを低く評価。唯一『ダビジェネ』が対抗に推している以外は軒並み3番手以下の評価で、総合でも4番手となってしまった。
  替わって推奨されたのが、『ダビジェネ』『C−Lex』本命の(1)シンボリグランと『カツラギ』『馬券博士』本命の(5)フサイチホクトセイ。さらにそれらの多くが2番手に挙げる(13)プリサイスマシーンは『RW』の筆頭推奨であり、(1)(5)(13)が三つ巴といったところ。
  『カツラギ』予想勝率は(1)シンボリグランの予想勝率14%に対して、(5)フサイチホクトセイと(13)プリサイスマシーンは21%前後で優位をキープ。函館スプリントSは(13)から(1)(5)(4)(8)に流し、馬連(1)(5)を押さえた5点の勝負としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.