競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ヴィクトリアマイル

 

 昨秋から勝てない時期が続くも、前哨戦圧勝で1番人気としての輝きを取り戻した(6)ラインクラフト。今回はライバル(18)エアメサイアとの間に(1)ダンスインザムードが入り、この辺りが古馬を含めたG1としての層の厚さと言えようか。
  しかしそれでも(6)ラインクラフト、その評価は圧倒的だ。予想ソフトは『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』などが文句なしにこの馬を最上位に指名。これらのソフトは2番手も(18)エアメサイアで一致し、(1)ダンスインザムードはこの2頭に大きく遅れをとる形となってしまった。
  (6)ラインクラフトの『カツラギ』予想勝率は32%。これに拮抗する(18)エアメサイアが30%で、予想ソフト全体の評価として見ても、これは三つ巴ではなく一騎打ち。(1)ダンスインザムードは5%で6番手にしか評価されていないのだ。
  穴系ソフトのいち推しは、東京コースで強靭な末脚を繰り出す(8)オーゴンサンデー。1年前にはトライアルと桜花賞で連続して(6)ラインクラフトと(18)エアメサイアの間に割って入った(15)デアリングハートも穴馬か。ヴィクトリアMは(6)から(18)(13)(16)(15)(8)への結論としたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.