競馬マスターズ
2018年12月09日15:03 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 新潟大賞典

 

 新潟の芝二千メートルで施行される新潟大賞典は究極の瞬発力勝負、予想ソフトの評価は(10)エイシンドーバーと(2)コンゴウリキシオーで真っぷたつに割れた。前者を推奨するのが『ダビジェネ』と『馬券博士』であり、後者の推奨が『カツラギ』『C−Lex』。
  的中率に比重を置くならば『カツラギ』『C−Lex』組の方が信頼度は高く、予想勝率は21%。対する(10)エイシンドーバーは10%で、間に14%(15)グラスボンバーと12%(5)オースミグラスワンが入る形となっている。
  一番人気気配の濃厚な(5)オースミグラスワンだが、予想ソフトの評価としては『カツラギ』の3番手が最高位。多くのソフトは△の印さえも付けておらず、他の人気馬にくらべて重賞実績に劣るとは言え、これは意外な低評価。
  穴馬として名前が挙ったのは外枠の各馬、その中でも(16)カンファーベストや(14)ユキノは特に目に付くところだろう。新潟大賞典は、(2)から(10)(15)(3)(16)(14)へ。
  京都メーンの京都新聞杯は、『カツラギ』『C−Lex』に『ダビジェネ』が本命(6)アエローザで一致。こちらは(6)から(2)(1)(5)(8)(10)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.